らんどせる⑦

海外の子ども達はどんなバックを使っている

海外の子ども達はどんなバックを使っているのか?

日本政府観光局が9月に行った発表によると、2015年の1から8月までの訪日外国人客数は前年同期比49%増の1287万人だったそうです。これは2014年の年間の1341万人に匹敵する数字ということで、海外から日本に観光などで訪れる訪日客数は今年度もさらに更新することが確実になってきました。その海外からの旅行者が、日本からのお土産としてランドセルを買って帰るということが最近話題になっています。ランドセルって日本では当たり前に小学生が使っているものですが、海外の方から見たら珍しいもののようなのです。

では、海外の子ども達、特に小学生位の子どもは学校に行く時に、どんなバッグを使っているのでしょう。調べてみたところ、アメリカ、イギリスやフランスなどヨーロッパ、東南アジア、南米と、どこの国でもだいたい以下のような意見が多いようです。

・指定のバッグがあるわけではなく、形や大きさ等は決まっていない。
・ナイロン製のリュックが多い。
・スーツケースを使っている国もある。
・好きなキャラクターのものを使っている。

これは、日本とは大違いですね。日本のランドセルといえば、革か合成革で重たく、縦長で色も赤と黒が多く、皆同じようなものを背負っているイメージです。値段も1万円から、良いものでは10万円するものもあるようですから、ナイロンのリュックとは本当に正反対です。また、キャラクターについては、小学校によっては、「勉強にキャラクターは必要ではない」「お友達とのトラブルの元」と筆箱や鉛筆もキャラクターは駄目と低学年で言われることもありますから、ランドセルの背中にキャラクターの絵が入っているなんてもってのほかでしょう。外国の方から見たら、日本の小学生は堅苦しいというか、なんとも特異に見えるでしょうね。

ところで、実は日本も文部科学省などで小学生はランドセルを使わなければいけないと指定しているわけではないということ、ご存じでしたか?私立の小学校などは制服と一緒に指定の校章入りのランドセルを揃えるところもありますが、公立小学校は絶対ランドセルではないとだめということではないのです。
思い返せば、かなり昔になりますが、筆者自身が小学生だった頃も9割方は定番のランドセルでしたが、中には横型のランドセルの生徒や、リュックサック、斜め掛けのバッグの生徒もいました。そういう子たちを、「おしゃれだな」「かっこいいな」と思うことはありましたが、自分もそうしたいとは思わなかった気がします。皆でお揃いの方が安心するとか、そういう気持ちが働いていたのでしょうか。
日本人は「右にならえ」で同じもの、定番のものを使いたい、子どもに使わせたい、その方が安心だと考える傾向にありますね。それに対して、海外では個性を前面に打ち出すほうが良いという考えがあり、そういうお国柄の違いが子どものバッグにも表れているのでしょうか。

尚、スーツケースという国もありましたが、これには驚きませんか?スーツケースといっても海外旅行に持って行くハードなタイプのものではなくて、最近日本でも女性を中心に持っているのを見かける、小型のナイロンのキャリーケースのことを言います。東南アジアや南米の一部の国では、学校が朝スタートと昼スタートの2部制になっていて、同じ教室を2回使います。そのため、生徒は荷物を学校に置いて帰れないために、キャリーケースで全て毎日持って登校し、授業が終わったら全て持って帰るからなのです。子どもが急増していて、学校が足りず、教師も足りないために2部制にしているという事情のようです。日本では子どもが減って小学校の統廃合も進んでいますので、なんとも羨ましい限りです。ただ、その国のお父さんお母さんは大変で、重い荷物の子どものために、登校と下校と送り迎えをしているそうです。

日本のランドセルと海外の子どものバッグ、比べて見ることでそれぞれのお国柄や事情がわかってくるようで面白いですね。

らんどせる⑥

生田ランドセル

らんどせる⑥

生田ランドセル

【生田ってどんな会社?】

株式会社生田は、1955年に大阪市生野区にて、鞄職人である生田正雄氏が鞄製造を開始。その後、三重の工場へと拠点を移し、ランドセル大量生産へと方向転換した事業を展開するも、2代目である生田達夫氏が、本当に作りたいものはこれではないという思いから三重の工場を撤退。熟練の職人を引き連れて生田鞄発祥の地である大阪市生野区へと戻り、“手作りランドセル”のみを作っていく工房として再び歩み始めました。
生田達夫氏自らも東京の名店である”吉田かばん”にて三年間修行を経験。
創業者の吉田吉蔵氏が掲げた”一針入魂“の精神を学んだ上で、創業者であり鞄職人である父の跡を継ぎ、1点1点熟練した職人技が光る他にはないランドセルを生野の地で作ることを決意します。
生田のランドセルは、作業工程すべてが熟練職人による手作業というだけでなく、生野区内にあるランドセル工房生田にて製造されています。
工房向かいにオープンしたランドセル工房生田ショップでは、常時130点以上のランドセルが展示されており、“見て”“触って”“背負う”ことができます。
また、全国各地でランドセルの展示会を開催すると同時に、ネットオーダーによる販売も行っていますので、他にはない生田オリジナルのランドセルを使用する愛用者は大阪のみならず全国各地に広がりを見せています。
近年、耐久性、軽量性、デザイン性など顧客からのニーズが多岐にわたるランドセルですが、生田ではランドセル工房にて直接職人さんにオーダー箇所を相談することも可能。一人一人の希望に沿ったランドセル作りを実現しています。

【生田のランドセルって?】
さて、熟練した職人さんの手作業により生産されたランドセルということはおわかりいただけたかと思いますが、その他、生田のランドセルの特徴とは何でしょうか?

・人工皮革を使わず本革にこだわる:
最近のランドセルは、軽量化とコストダウンを実現するために、人工皮革を使ったものも大量生産で多く販売されていますが、生田は素材にこだわりをもち、ランドセルには本革を使用しています。その理由は“子どもの心を育てる素材である”ため。革の質感にはぬくもりがあるためと言います。使い続けるほどに魅力を増す革という素材が子どもたちの心を育てるものという信念を持ち、本革素材にこだわっています。

・生田公房内で一貫生産:
ランドセルを製造するためには200以上の工程が必要と言われていますが、生田ではその工程すべてを公房内で一貫生産しています。革の裁断から縫製、鋲打ち、金具などパーツの取り付けなど全工程を公房内の職人による手作業で丁寧に行うため、顧客の細かな注文にも糸や鋲など使用するものを選び、応えることができています。

・他にはないデザイン性の高さ:
生田は、コードバンプレミアム匠、Bonjour hana、オリジナル和柄ランドセルの3種において、かばん創作技術ファッションコンクールにて大阪府商工労働部長賞、大阪市長賞を受賞しており、そのデザイン性が高く評価されています。
また、数多くのメディアにも取り上げられた経歴を持ち、そのデザイン性の高さに魅かれて購入を決意する人も少なくありません。

・質感が高く丈夫:
生田のランドセルはすべて本革を使用していますが、本来は水に弱い革に強力な撥水加工を施し、片崩れを防ぐために大マチ部分には特殊樹脂を使用、特に力がかかる部分は丈夫な糸を手作業で縫い付けるなどの工夫をしています。そのため、本革ならではの高い質感と、耐久性を兼ね備えたランドセルを作ることに成功しています。

・糸は鋲などカスタマイズできるポイントが多い
生田のランドセルは5種類のランドセルをベースとして、内装や革の種類、ステッチ、縁取り、金具、鋲など顧客のニーズを受けて作るオーダーメイドランドセルが人気です。
この細やかなオーダーに応えるだけの技術を持った職人が、生田のランドセルを支えており、例えば“黒のランドセルがベースでありながら女の子らしい仕上がりのランドセル”を完成させるなど、他ブランドでは実現が難しいニーズにも応えることができます。

このように、魅力的な生田のランドセルですが、完全なる日本製、しかも鞄職人による手作りであるにも関わらず、価格帯も5~7万円代のランドセルが充実しています。
人工皮革を使用した大量生産のランドセルと比較すると少々価格が張りますが、製造工程を知ると納得の価格ではないでしょうか。

らんどせる⑤

かるすぽ ランドセル

らんどせる⑤

かるすぽ ランドセル

【イオンのかるすぽって?】
誰もがご存知のイオンリテール株式会社(以下イオン)は、独自に開発したトップバリュという自社製品の売れ行きが好調です。
その中でも、小学校への進級を控えた親御さんから熱い注目をあびている商品がランドセル。イオンの“かるすぽ”です。
トップバリュ製品は“毎日のくらしをもっと楽しく”がコンセプトとなって商品を開発していることで有名ですが、このかるすぽランドセルには毎日をもっと楽しくするためのどんな工夫がほどこされているのでしょうか?
かるすぽには、その名の通り、ランドセルそのものの質量が軽く、必要な教科書や宿題や大切なお手紙を持って帰る際に必要なA4ファイルがすぽっと入るランドセルを実現しています。とってもわかりやすいGOODネーミングですね。よって・・・

<かるすぽの特徴>
・A4フラットファイルがすっきり収まる
・軽さおよそ1000g前後:軽いものだと24色ランドセル990g~
・しわけジョーズつき:ランドセルの中を整理整頓しやすい機能つき
・多くの人気モデルが存在
・6年間保証付き:日常使いによる破損には6年間の修理保証
・日本製:生地や部品すべて国内製造で修理も迅速
以上の特徴を持つイオンのかるすぽは、小学校生活6年間を1つのランドセルと共に送ることができるよう安心の保証をした上で、ランドセルの利便性・軽量化を実現したことにより、イオンのランドセルと言えば≒かるすぽという知名度の普及に成功したようです。

<かるすぽ人気シリーズ>
かるすぽの中で特に人気のシリーズは、フラットキューブシリーズです。
CMで人気のエバちゃんが背負っているランドセルとしてお馴染ですね。
フラットキューブシリーズには、女の子に人気のモデル
・プレミアムスパンコール
・プレバイカラー
男の子に人気のモデル
・プレミアム革付属
・プレミアムコードバン
などが存在します。
フラットキューブはモデルによって価格が異なりますが、安いものでも50000円前後~高いモデルになると90000円程度と幅があります。
女の子に人気のスパンコールや刺繍をふんだんにほどこしたランドセルほど価格が高く設定されていることがわかります。

他にもかるすぽの中で、よりリーズナブルなものに24色ランドセルというシリーズがあり、その名の通り、同じモデルで色の展開24色から好きな色を選ぶことができます。
33,000円とプレミアムなものと比較すると値段も随分と手の届きやすいところに設定されている上に、A4フラットファイル対応、しわけジョーズつき、6年間保証つき、とプレミアムシリーズで人気のポイントはしっかりと押さえられています。
人工皮革である、クラリーノを使用しているため重量も990gと軽く、+αの装飾や刺繍などがほどこされていないための価格と判断できます。
特に、オリジナルの装飾等が必要ないという方、必要な機能を備えていれば十分という考えのご家庭に指示されているモデルです。

その他、フラットキューブのカスタムランドセルなど好きな色を組み合わせて自分オリジナルの色合いで仕上げるランドセルも用意。組み合わせのパターンは140万通り以上にもなるというのですから驚きですね。特に色使い、色合わせにはこだわりがあるという人には嬉しいサービスです。

これらすべてのランドセルで共通するのは、笑顔あふれる6年間をイオンが考えるこども基準ささえるために設定されたイオンのこども基準性能。
・大容量
・軽さ
・強さ
・デザイン
の4つ。イオンのかるすぽは全商品メイドインジャパン。国内で職人さんが手間暇かけて製造することにより、この4つの基準をバランスよく満たしています。

<イオンのかるすぽ購入特典とは?>

・早期予約得点がある:
2015年は11月末日までに購入すると商品代金から5%OFF

・イオンのギフトカードがもらえる:
カタログ表示税込価格35,000~53000円のトップバリュランドセル購入で2000円分、54000円以上のランドセル購入で3000円分のイオンギフトカードがプレゼント

・配送無料サービスつき:
全ランドセル配送無料サービスがついています

イオンでランドセルを購入するなら、早めの下見が必須と言えそうですね。