らんどせる③

ニトリのランドセル

らんどせる③

ニトリのランドセル

【ニトリってどんな会社?】

「おっ、値段以上」のフレーズでお馴染のニトリ。
生活雑貨や家具など何かしらニトリで購入してことがあるという方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず。今や、日本全国で300を超える店舗数を誇るニトリです。ご家庭でちょっと必要なものを買いに行くとなると、お出かけ先の候補として上がるお店の1つですよね。なんといっても、ニトリの魅力と言えば、シンプル・スタンダードをしっかりと押さえつつ、どんなスタイルにも馴染みよいオシャレな商品が低価格でラインナップされているという点ではないでしょか。
なぜ、このような低価格で商品を提供できているのかと言うと、ニトリグループは、株式会社ニトリ、株式会社ニトリファニチャー、株式会社ホームロジスティクス、株式会社ニトリパブリック、株式会社ニトリファシリティ等、複数の会社によって構成されており、グループコンセプトである「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」という志のもと、製造から宣伝・広告、流通に至るまで、グループ内の機能分担や責任を明確にし、提携して業務を行っているからです。よって、高品質・高機能な商品を誰もが気軽に手に取ることができる低価格で提供することに成功し、業績を伸ばしているんですね。
さまざまな中間マージンをカットすることにより、より手に取りやすい価格を追求し、顧客に買い物の楽しさを感じてもらいたい、それがニトリグループの基本姿勢のであるようです。消費者にとってはありがたい限りですね。

【ニトリのランドセルって?】

“子どものランドセル選びに迷っている時期に、たまたま別の用でニトリに足を運んだらランドセルが売られていた”という経緯で、ニトリのランドセルを知った人、候補の一つとして考えている人も中にはいるかもしれません。
ニトリのランドセルですが、その特徴は?と言うと、その他ニトリ製品のラインナップに通じるものを感じさせます。
やはり、主張しすぎないシンプルなデザインと、確かな品質、手に取りやすい価格帯が最大の売りと言えるのではないでしょうか?
ニトリのランドセルの特徴と詳細について・・・7
・低価格から展開している:
低価格なものは1万円台から展開しています。最も高価なランドセルでも約4万円と、一般的なランドセルの販売価格と比較するとお求めやすい点が特徴。
・シンプルなデザイン
ベーシックという低価格なラインのものでは色の展開が少な目ですが、それでも赤や黒、ピンクなどの人気色はしっかりと押さえています。
その他、わんぱく組という2~4万円ラインの製品では色の展開豊富に、何年たっても飽きのこないシンプルなデザイン、A4ファイルがそのまま入るという計算された設計。
・頑丈で軽量
TEIJINと共同開発したニトリのランドセルは、その素材、機能が秀逸。
キズに強く、軽くて丈夫な素材、タフガードを表面に使用。背面には通気性の良いエアリー素材で背中の蒸れを発散させ快適に。表面強度実験、通気度実験で性能は実証済み。
・安心の品質保証つき:
ニトリのランドセルには、6年間の品質保証つき。途中で、破損した部分が出てきても、この保証を使って修理に出せば修理期間に使用するランドセルの貸し出しも行ってくれるので安心です。

以上のように、特徴をまとめてみました。そこから見えてきたニトリのランドセルの魅力。やはり、一般的なランドセルの価格と比べ低価格な上に高機能という品質の良さです。
ランドセルは6年間の使用を視野に入れて購入することが一般的かと思いますが、学校によっては高学年になるとランドセルを使用していない子どもが大半という所もあるでしょう。親御さんによっては、1、2年生の間、当面は毎日使うものだけど、おそらく6年間酷使するわけではないから、そんなにこだわって買う必要を感じない、という場合も。
そんな人には、ニトリのランドセルのようなスタンダードで低価格なものから選ぶ方法もひとつかな、と思います。
もちろん、6年間の使用に耐えうるだけの製品を提供し、その自信ゆえに保証もつけているのでしょうから、6年間を視野に入れての購入も安心ですね。
また、ニトリは店舗数が多いので、実際に目で見て手に取って、背負ってみて選べるという点も嬉しいです。

コメントを残す