らんどせる②

イオンのランドセル

らんどせる②

イオンのランドセル

【イオンってどんな会社?】
イオンリテール株式会社(以下イオン)というと、日本全国どこに住んでいても1つや2つ近くに店舗を構えている大きなショッピングセンターというイメージがありますよね。
イオングループは国内小売業No.1の営業収益を誇る小売グループですから、1度は足を運んだことがあるという人が大半ではないでしょうか?
イオンのルーツである岡田屋が創業したのが1758年。お客様第一の姿勢で革新を続け、ジャスコからイオンへと社名変更を経て現在に至ります。
長い歴史の中で、トップバリュ製品の開発を行ってきたイオン。トップバリュ製品は、“毎日のくらしをもっと楽しく”というコンセプトを基に、5つのこだわりを持って開発されたイオンの自社ブランドです。5つのこだわりは以下の通り。

・お客さまの声を商品に生かします。
・安全と環境に配慮した安心な商品をおとどけします。
・必要な情報をわかりやすく表示します。
・お買い得価格でご提供します。
・お客さまの満足をお約束します。

トップバリュ製品の実績は、2015年時点で、約6000品目、売上高約7800億円と驚きの売り上げを計上し、イオンがもつ商品の開発力と確かな製品力を感じさせます。

【イオンのランドセルって?】
CMでもお馴染のイオンのランドセルですが、実際のところイオンのランドセルの特徴が今一つよくわかっていない人、イオンのランドセルっていくらくらい?と価格帯が想定できないという人もいるのではないでしょうか?
イオンは2001年に、業界初となる24色ランドセルを発売。以降、品質やデザイン、機能性にこだわり、時代と共に変化する顧客のニーズに応えるように、ランドセルを作り続けています。現在、イオンが誇るトップバリュ製品のランドセルには、いくつかのシリーズが展開されています。
・フラットキューブランドセル
・ニューバリエーションランドセル
・24色ランドセル
・カスタムランドセル
この中で、比較的値段が手ごろでシンプル、飽きのこないデザインが売りのものが24色ランドセル。名前の通り、24色展開で基本となる型は同じで値段も同じ3万円程度。
テレビCMや、広告などでよく取り上げられているのが、この24色ランドセルですね。手に取りやすい価格と豊富なカラー展開で、オーソドックスでありながら、色は好きな色を選んでこだわりたいという家庭にはうってつけの商品と言えそうです。

その他、ランドセルにこだわりをもつ人、他の子がもつランドセルとの差別化をはかりたい人から支持される商品がフラットキューブをはじめとしたその他のシリーズです。
フラットキューブのシリーズは、作られている材質や施された刺繍などのデザインにさまざまなバリエーションを持たせているので価格帯が幅広く、シンプルなデザインのものでも4万円代~。こだわりの装飾を施した最高ランクのものになると9万円代と高額です。
使用されている素材もクラリーノ素材のものや、牛革を使用したものまでさまざま。装飾に関しても、スパンコールや刺繍をあしらったものや、バイカラーで2色を組み合わせたデザインのものまで、どれを選べば良いのか迷ってしまいそうになるほどです。
女の子には、スパンコールや刺繍をあしらったものランドセル、男の子には牛革を使用したランドセルの人気が高いようですね。ランドセルの材質にこだわりがある親御さんや、デザイン性重視の子どもたちには喜ばれるバリエーションの豊富さです。

このようなイオンのランドセルを見て感じること。それは、いわゆる量販店に売られているランドセル+αの価値を提供しているという点です。
ランドセルと言うと、百貨店などで高級なものを購入するのが品質的に最も優れていると思いがちですが、イオンの製品はそれにも負けず劣らずの高品質な製品が目白押し。
一般的な量販店のランドセルとは一線を画した製品を提供しているとう自信を感じさせるプレミアムランドセルにこだわりを持って販売しているように思います。

また、人気のかるすぽランドセルは、すべてメイドインジャパン。国内の職人さんが時間をかけて縫製しているそうで、もちろん日常使いでの故障・破損に関しては6年間の保証付き。
比較的、手に取りやすい価格帯のものからデザイン性・機能性・素材のすべてにこだわって作られたプレミアムランドセルまで幅広く取り揃えているイオン。何を基準に選んで良いのかわからない、デザインの違い、材質の違いと言われてもよくわからない、という人こそ、これだけ豊富なラインナップを取り揃えたイオンで一通り見て回ると“欲しい”が見つかるのでは?

コメントを残す