らんどせる④

アピタ

らんどせる④

【アピタってどんな会社?】
アピタとは、関東・東海地方を中心に展開されている総合大型スーパーです。
アピタとは、イタリア語のアピス(先端の)、タスカ(ポケット)の合成語で、時代の先端の情報がぎっしり詰まったポケット、それがアピタのコンセプトになっています。
日常生活向上店として、生活解決、生活提案に力を入れた店舗をつくることを目指しているアピタを経営するユニー株式会社は、新生活創造小売業を実現すべく以下のような戦略をたて、顧客に喜ばれる売り場づくりに励んでいるそうです。
・生活解決業をめざし、お客様の不便、不満、不快を解決します
・生活提案業をめざし、あったらいいなと思う生活を提案します
・生活コスト引き下げ業をめざし、低価格で高品質な商品を販売します

また、ユニー株式会社では、自社で商品開発を行っており、生活応援ブランド“スタイルワン”の商品は2000点にも及びます。品質と価格にこだわって、スタイルワンをより多くの生活シーンに取り入れてもらえるよう、食料品だけでなく日用品など様々なジャンルの商品を積極的に開発しています。製造メーカーと協力した生産体制で、商品の品質管理には定評があります。

【アピタのランドセルって?】
アピタのランドセルには、ママポケットシリーズとWEB限定モデルが存在します。
ママポケットランドセルには、購入した先輩ママたちの声を反映し改良を加えることで進化させた充実の機能が満載。ママの声を聞いて16年目のランドセルには細部までこだわりが感じられます。お客様の不便、不満、不快を解決、あったらいいなの提案、そんな企業戦略に基づいた商品開発が行われているのだと感じます。ママポケットランドセルの主な特徴は以下の通り。
・ママポケット:
大容量の小物を入れるポケットがついています。手前に大きく開くことで見やすく出し入れが簡単に。
・便利な持ち手つき:
子どもにランドセルを背負わす際にママが手伝ってあげやすい持ち手つき。この持ち手がついていることで、子どももロッカーなどから取り出しやすくて便利ですね。
・360度反射材つき:
帰りが遅くなると暗い夜道が心配というママの声から生まれたこの機能。360度、どこからでも車のライトなどに照らされると光って存在を知らせる反射材が子どもを事故から守ってくれます。
・たっぷり収納:
宿題プリントや大事なお知らせを折らずに持ち帰りできるように、との声からA4フラットファイルもそのまま入る大きさに。
・背負いやすい:
まだ小さい1年生でも負担少なく背負うことができるよう、フィットちゃんや天使のはね機能を搭載し、子どもの肩にかかる負担を軽減しています。
・丈夫で長持ち:
“6年間使うものだからこそ、丈夫で長持ちしてもらわなければ”当たり前のことですが、そんな声にこたえるように、ランドセルには強力な撥水加工を施し、摩耗の激しいパーツは補強を施して丁寧に仕上げています。さらに、6年間品質保証つき。

アピタのランドセルで最も大きな特徴と言えば、360度反射材ではないでしょうか?
ランドセルを選ぶポイントと言うと、価格やデザイン、材質、耐久性、軽さなどがまず思い浮かびますが、やはり子どもが登下校で共にするものですから、子どもを守ってくれるアイテムかどうか?という視点は欠かすことができませんね。
その点において、デザインの一部として外観を乱すことなくオシャレに取り付けられたこの反射材の存在意義は大きいと言えそうです。

また、アピタランドセルが全面にアピールしている、”先輩ママの意見を反映したモノづくり”は、実際に使用したランドセルを基に改良点をあぶり出し、さらなる改良を重ねるという歴史の積み重ねですから、初めてランドセルを購入するママにとっては頼もしい限り。
実際に使い始めてから”もっとここがこうだったら良かったな”というガッカリ感を味わうことはなさそうです。
気になる価格帯ですが、およそ5~6万円程度が主流。とりわけ手に取りやすいお手頃価格とは言い難いですが、プロが手掛けているというデザイン性の高さ、日本製と6年保証という高品質と安心感を考えると妥当な価格かもしれません。
さらに、アピタでは早期予約することで1万円の割引を受けることができるそうですから、気になる人は早めにチェックした方が良さそうですよ。

コメントを残す