最近のランドセルの売れ筋は?

来春小学校に入るお子さんをお持ちの方の入学準備。自分たちが子どもの頃は年が明けてからだったような気がしますが、皆さんの子どもの頃はいかがでしたか?
実は年々入学準備は早まっていて、最近は年長の5、6月にはランドセルのカタログが出来上がり、夏休明けにはランドセルを購入しているご家庭が多いのです。中には、夏休中におじいちゃん、おばあちゃんの居る田舎(実家)へ帰省し、そこで買ってもらうというご家庭もあります。それを反映して、ランドセルメーカーや大手スーパー等のランドセルのCMが夏の間頻繁に流れていたのを、皆さんご記憶にあるのではないでしょうか。

このように、昔と違って販売時期も早まっているランドセルですが、その売れ筋も昔とは違ってきているそうです。流行の移り変わりは早く、その売れ筋も年々変わっているようです。それでは、最近の売れ筋ランドセルについて、ランドセル選びで多くの親御さんがチェックするポイントを見ながらご紹介しましょう。

ランドセルがカラフルに!

皆さんも道で会う小学生を見て、ランドセルの色がカラフルになったなとお気づきではないでしょうか。昔は男の子は黒、女の子は赤とまるで決められたように皆同じ色で、数人がそれ以外のカラーを持っていた位でした。今は子ども達が本当に自由に色を選ぶようになりました。男の子の人気はそれでも黒のようなのですが、女の子は赤よりピンクが人気とか。男の子のランドセルではゴールドやシルバーのようなメタリックカラーのものも発売されるようになりました。
色だけでなく、デザインも色々なものが出ています。ランドセルの蓋部分に型押しで模様が入っていたり、刺繍が施されていたり、蓋部分にある鋲がただの丸ではなくデザインされていたりと、個性豊かなものが増えています。ステッチの糸の色を自分で選べるランドセルも増えています。

3つの材質

ランドセルには、材質で3つの種類があります。クラリーノ(人工皮革)牛革コードバン(馬の尻の革)です。クラリーノは人工皮革で軽く、水に強く型崩れがしにくいです。牛革はクラリーノよりは重くなりますが、裂けにくく、丈夫で使う程に風合いが出てきます。コードバンは他の二つよりさらに重くなりますが、ひび割れなどの心配がなく丈夫で、6年間使い続けて風合いが増す高級品です。値段はクラリーノは安いものからありますが、他の2つは本革なのでそれなりの値段がします。メーカーは本革でも軽くとか、クラリーノでも裂けにくいとか、それぞれの欠点を補うような商品を開発していますから、予算に合ったものを選ぶといいでしょう。

軽さも大事

多くの親御さんが気にするのが、軽さです。まだ体の小さい1年生。教科書だけでも重いのだから、できればランドセルはなるべく軽くと願うのはもっともなことです。また、ひとつ注意しておきたいことは、背負いやすく疲れないランドセルというのは、単に軽いか重いかだけではなく、背負った時に背中とランドセルの間に隙間が出来ていないかなど、体に合っているかも重要です。購入の際は、サンプルを背負えるようになっていますので、実際にお子さんに背負わせて確認するようにしましょう。

今の時代に合ったランドセルを選ぼう

教科書が大きくなっている!?

自分たちの子どもの頃と大きく違っていることは、教科書の大きさです。今は低学年のうちはA4サイズの教科書がほとんどです。ランドセルの大きさもA4教科書ができたことで、それに合わせてA4サイズになりました。ここで注意しておきたいのが、A4のおたよりや宿題プリントをまとめて入れるファイルを使っている学校の場合、A4サイズのランドセルではピッタリすぎてしまいます。できれば、もう少し余裕のある大きさのランドセルの方がいいのです。ランドセルメーカーによって、A4ファイルに対応しているところとしていないところがあるので、確認するようにしましょう。

防犯対策

今の小学生は防犯ブザーをほとんどの子が持っています。家庭で買い与えたり、小学校入学で学校やPTAがプレゼントしてくれたりとその経緯は様々ですが、防犯ブザーは子どもが犯罪に巻き込まれないように常に携帯させておきたいものです。ランドセルには、肩紐前面、ちょうど胸のあたりのところに、防犯ブザーを下げるフックが付いています。そこに下げておけば緊急の場合簡単に操作できます。そういうフックが肩紐のところにあるかどうかも確認しておきましょう。

以上、ランドセルを選ぶ場合のチェックポイントをご紹介しました。これらを踏まえた上で、最近のランドセルの売れ筋はというと、A4より少し大きめのファイルに対応しており、軽めのものや背負いやすい工夫がしてあるものに人気が集まっているようです。また、11月位までは予約可能と思われた工房系の高級ランドセルは夏休み頃には予約終了したところもあり、高級志向も続いているようです。
ランドセルは1つ買ったら、6年間使うものです。今の流行や好みに合わせることも大切ですが、小学1年生の好みと、小学6年生になった時の好みはかなり変わって来ています。お子さんの個性を尊重しながらも、長く愛着を持って使えるものを選ぶことが大切です。